私は普通にどこでもで自身の家屋のように生活していました。

ただしそのせいで仲間の住宅で見られてしまったのです。

私はその日完璧に油断してました。

だから仲間の家屋でゆったりしているケースに空きから必要ない毛を見られてしまったのです。

あのケースの友人の反応…すごい表情でこちらを見てました。

「必要ない毛見えたけど」と言われて、私は自らのシステムのせいで必要ない毛が友人の目に止まった事に気づいたのです。

顔から火を噴くくらいに恥ずかしかったですね。

「仲間だしいいや」という心情で家屋にやってきていたので、必要ない毛を全く処理していませんでした。

その必要ない毛がぽろりしてしまって仲間に見られてしまったのです。

私はさすがに葉透かしくてたまらなかったです。

友人の家屋でゆったりしなくなったのはこの出来事がきっかけでした。

あまり人の家屋で気を抜きすぎるとこのような挫折をするのです。

私はあれ以来、なるべく仲間の家屋でも和み過ぎないようにしています。

さらに同じように気の緩みのせいで友人の前で恥をかきたくないですからね。

必要ない毛がぽろりしてそれからしばらくの間その売りに仲間にいじられました。

やめてほしかったです。

必要ない毛でこのような間違いをする事がたまにあるのですよね。

それにしても見られた相手が仲間で良かったと思うべきなのかもしれません。

その直前まで仲間のお兄ちゃんも一緒にいたので、見られたのが友人だけで助かりました。

ムダ毛に悩む女性